misc-net 家主Hanaの日記

ベルギー生活に役立つ情報だったりそうでもなかったり。たまにガレージセール連絡帳として活用。

5分でわかるTakeAway Club

「ベル通」さんからいらした方こんにちは。

「ベル通」さんの「ひとこと広告」欄に「TakeAway Club」のプチ広告を載せていただきました。

【ベル通】ベルギー情報サイト かわら版 ニュース・掲示板

ベル通さんはTACの趣旨をご理解いただき、なんと無料で掲載!

ありがたやー。

 

既に「TAC」をご存じの方々には重複の情報になりますが、「TAC」を正しくご理解いただくために是非ご一読を。

 

 

TAC発足の経緯

コロナでの籠り生活も半年以上になった12月のある日、TAC発起人まっちゅが

「Takeaway注文するとき、ご近所さんも一緒に注文したら一緒に持って帰ってこれるよね。」

と言い出した。

そこには、ついでだし…という物理的なメリット以上に「閉店を余儀なくされているレストランを応援したい!」という熱い想いが!!

Hanaも激しく同意。

早速お声をかけたところ、 7軒のご近所さんから注文ゲット! 

お店からも注文主さんからも喜ばれ「イケるんじゃね?」との感触を得たのでした。

その後、ルーママことルーちゃんママさんにも管理人に加わっていただきヴァージョンアップ!!

回を重ねるごとに、ご近所さんにとどまらず、Auderghem やWSP、WSLなどにも配達先を広げ、今や「ウーバーイーツかTACか…」と言われるほどの勢いです。(んなわけない)

 

 

LINE公式アカウント開設!

f:id:hana2008:20210124023514j:image

なぜまっちゅが「LINEで公式アカウント作れる」なんてことを知っていたのか、聞きぞびれてますが、とにかく12月13日公式「TakeAway Club at WO」開設しました。

WOは、まっちゅもルーママもHanaも住む「Wezembeek-Oppem」の頭文字です。

LINE公式アカウントは、本来企業や店舗が集客や利益アップを目的で開設し、LINEの認証を得れば「認証アカウント」になります。

TACは、今のところ「集客や収益アップ」ではなく「登録者さんとの連絡」に使うことが目的なので「認証アカウント」として開設してません。

そもそも「認証アカウント」は有料なので、収入のないTACには非認証の無料アカウントしか選択肢はないですけど…。

無料アカウントは月に500のメッセージを配信でき、それを過ぎると有料になってしまいます。

現在TAC登録者数が84名。

一斉にメッセージを配信できるのは6回までという計算になります。

登録者さんが増えたら有料アカウントへ移行せざるを得なくなるかも…。

そしたら、配達料とかいただくようになるかもしれない…かしら…。

これは、現在TACにとってまぁまぁ早急な対応をせまられている懸念事項であります。

 

 

まずは「友達登録」

こちら↓

または、こちら↓から。

f:id:hana2008:20210124022054j:image

 

「友達」になっただけならTACにはなんの情報も届きません。

登録者さんがTAC宛てにメッセージを送った時にはじめて、LINEで登録されているLINE名だけがTACの知るところとなります。

登録者さんがアクションを起こさなければ登録されたことすらTACは知ることがありません。

「とりあえず登録」で「TACからの配信メッセージを受け取るだけ」というのもありです。

もちろん登録解除もその後の再登録も自由です。

 

注文の流れ

「友達登録」が済むとTACから自動応答メッセージが届きます。

ご注文からお受け取りまでは至って簡単!

①メッセージ欄に「注文品名・数量と合計金額」「お名前・電話番号・ご住所」をご記入の上返信していただきます。

②注文締め切り後、配達のルートを確定しおおよその配達予定時刻をご連絡いたします。

③配達時に現金にてお支払い。

 

Wezembeek-Opeemのみならず、 ストッケル周辺、日本人学校周辺への配達を予定しております。

それ以外の地域への配達はご相談の上。

指定の場所でのお引渡しも可能です。

因みに、前回は「Ixelles」「デルタ駐車場」「ストッケル」でのお渡しのケースが数件ありました。

 

お支払い方法

前回は「現金」または「携帯アプリ」でのお支払いが可能でしたが、「携帯アプリ」を希望される方が少なかったため、現在「現金」のみに絞ってます。

今後は、登録者数や実施回数の増加などの状況次第で、ほかの支払い方法の追加または変更などあるかもしれません。

 

TACのご利用は無料です

信じられないことですが、こんな画期的な取り組みが無料でご利用いただけます。

そもそも「レストランを応援!」の目的なので、レストランさんから手数料をいただくつもりもありませんし、きっかけは「我が家のを持ち帰るついで…」なので注文主さんから宅配料をいただく予定もありません。今のところ。

なので、管理人たちは完全にボランティアです。今のところ。

ただ公式LINEアカウントの項にも書いた通り、有料アカウントへ移行せざるを得なくなった場合…。

微々たる配達料いただく…とか…。

企業さんからのご寄付募る…とか…。

クラウドファンディング?…とか?

何かしら考えないと…。

継続のために。

 

 

次回TACは

追記(2月5日):「恵方巻」終了しました。次回はバレンタインです。

次回は節分の恵方巻

misc-net.hatenablog.com

みんなで恵方を向いて海苔巻きを無言で食べよう!!

ご登録&ご注文お待ちしております!!!

 

 

ブログ村住人です。

↓↓↓よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村