misc-net 家主Hanaの日記

ベルギー生活に役立つ情報だったりそうでもなかったり。たまにガレージセール連絡帳として活用。

スーツケースのハンドルを交換してみた

 

 

まいど、Do it yourself の Hanaです。

 

スーツケースのハンドルが壊れました。

壊れたって言うか、樹脂部分が崩壊。

f:id:hana2008:20200912235356j:image

こんなにきれいに取れる?

f:id:hana2008:20200912092635j:image

しかも、横のハンドルと上のハンドル両方同時に。

両方とも完全に樹脂の部分が無くなっちゃってます。

飛行機に預けた際の衝撃って感じではなくて「劣化」って感じ。

ボロボロと崩れた。

実は、同じスーツケースで「ハンドルのプラスチックが割れた」って書いている人をネット上でいくつか見つけて…。

やっぱり?

ってなった。

もしやメーカーさんも把握してるんちゃうかなぁ…。

だって修理の問い合わせ沢山来たやろ、きっと。

おかしいって思うはず。

でも、スーツケースの持ち主たちは、経年の劣化とか使用中の衝撃で割れたと思ってるかも。

だからだーれもクレーム言わない。

って可能性無くも無いよなぁ…と思う今日この頃。

あくまで想像ですけど。

スーツケースのハンドルなんて、そんなヤワにできてないでしょ。普通。

ウチに40年近く前に買ったサムソナイトのスーツケースあって結構な頻度で使ったけど、いまだにハンドルはなんの問題もありませんよ。

まぁ、DIYで解決したからいいですけど…。

ってわけでハンドル自力で取り替えました。

 

 

古い方を取り外す

ハンドルが取り付けられている部分の内側を見てみると、布に覆われてねじが隠れた状態です。

f:id:hana2008:20200912235853j:image

しかし、布の上から触ると、ねじ山があるのがはっきりわかります。

布を切っちゃおうかな…とも思ったけど、布の上からドライバーを押し当てて回してみたところ、ねじが回って留め具を取ることができました!

f:id:hana2008:20200912170533j:image

ぐりぐりやったので少し穴が開いちゃったけど、ほぼ気にならないレベルです。

f:id:hana2008:20200912170827j:image

ネジが覗いてます。

f:id:hana2008:20200912171232j:image

これ、万が一押し込んじゃうと、内側の布の中に落ちちゃうって可能性もあるし、それをこの穴に戻すのは結構面倒だと思うので、この穴に刺さった状態をキープするよう多少の注意が必要かと思われます。

まぁ、内側の布がネジを押さえてくれているような状態なので、布の中に落ちちゃいそうな気配はありませんでしたけど。

 

ハンドル購入@Amazon

実は、ハンドルを自分で替えられるなんて、想像もしてませんでした。

そんなんメーカーに頼むしかないんやろな。と。

しかし、たまたまAmazonでハンドル売ってるのを見つけて

「え?自分で替えられるの?」

ってなった。

ただハンドルはサイズも形状もいろいろあり、しっかり計測することが重要みたいです。

f:id:hana2008:20200912101008j:image

測るのはこの二つ。↑

Hanaのハンドルは、それぞれ留め具に二つあるねじ穴の内側の穴の距離(黄色線)が16㎝だったのと、金具の部分の形状が壊れたオリジナルのハンドルの形状に似ていたのでこれを購入しました。

f:id:hana2008:20200912102227j:image

黄色の長さが多少長くてもなんとかなりますけど、黄緑色の長さが違ったら、もう留められないってことですね。

なので、留め具のねじ穴の距離(黄緑色)が本来一番重要なはずですが、Hanaはオリジナルの留め具をそのまま使う予定だったので、あえて黄緑ラインの長さは無視して、黄色ラインと金具の形状で決めました。

f:id:hana2008:20200912101626j:image

上:オリジナル 下:購入品

オリジナルの留め具のねじ穴の間隔が購入したものより少し短いですが、金具の部分はそっくりですね。

これなら留め具はオリジナルが使えそう…って気がしますよね?

でも、本当にオリジナルの留め具を使えるのか、現物を手にするまでちょっとドキドキしました。汗

 

フランスのAmazonでも買えます

「poignée de valise」とか「poignee de valise remplacement」などで検索すれば沢山出てきます。

Hanaが日本のAmazonで購入したのとまったく同じものも売られてました。

 €15.64。

なんでこんなに細かいんや?

4セントに意味あるのか?

と思ったら日本の値段も細かかった。

日本の方が断然やすい!

 

取り付けてみた

こんな感じで布の上からドライバーを押し付けて回しました。

f:id:hana2008:20200912093556j:image

上も、

f:id:hana2008:20200912094554j:image

横も。

f:id:hana2008:20200912094711j:image

完璧。

心配だったオリジナルの留め具との相性もバッチリ👍

 

ちょっと穴が開いちゃいましたけど…。

f:id:hana2008:20200912094803j:image

今度なんか貼っときます。

 

因みにスーツケースはAceのプロテカProteca。

元は結構なお値段です。

メーカーのエースに修理を頼むと¥4000/1個という噂もあります。

確認したわけじゃないけど。

Amazonなら二つで¥2000以下。

めっちゃ簡単なので、ハンドル壊れた方は是非お試しを。

これを見てハンドル交換する方のスーツケースがプロテカだったらテンション上がるなぁ。笑

 知る由もないけど。

 

 

ブログ村住人です。

↓↓↓よろしくです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村